焚き火ライブ・オフィシャルブログ

焚き火ライブ・オフィシャルブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モーツァルト効果を知っていますか?

たけちゃんです!!

前回のブログで予告した、良さげなネタです。

早速質問です。「モーツァルト効果」をご存知でしょうか?モーツァルトの曲を聴くと頭が良くなるとかいうアレです。

このモーツァルト効果、モーツァルトの生誕250周年であった2006年にちょっとしたモーツァルトブームが起こり、この頃に日本でも広く知られるようになったようです。
そもそも、なぜ「モーツァルトを聴くと頭が良くなる」といわれるようになったのでしょうか?


アメリカのラウシャーらの研究グループは、
①モーツァルトの「2台のピアノのためのソナタ」を10分間聴く
②リラクゼーション音(おそらく川のせせらぎ音など)を10分間聴く
③安静沈黙を10分間
これら3つの条件の後に、IQテストを大学生に実施しました。
すると、テストの成績が①のモーツァルトの曲を聴いた後が最も良かったのです。
この研究結果が、1993年にNatureという有名な学術雑誌に掲載され、他に新聞などのメディアでも大々的に取り上げられたため、あっという間に「モーツァルトを聴くと頭が良くなる」という認識で大衆に広まった模様です。

とりあえず、不用意に「モーツァルトを聴くと頭が良くなる」と広めたくないので、もう一つの研究を紹介します。
それは、イギリスの小学生を対象にした実験で、8000人超の小学生を
①モーツァルトの「2台のピアノのためのソナタ」を10分間聴くグループ
②当時のイギリスの流行の音楽を10分間聴くグループ
③実験についてのディスカッションを10分間聴くグループ
の3つにおよそ均等に分け、それぞれの10分間の後に、前述のラウシャーらと同様のIQテストを実施しました。
そして、3つのグループのIQテストの成績を比べてみると、最も良かったのは
①のモーツァルトを聴いたグループ!!!!ではなくて、②のグループでした。
なお、①と③の成績にはほとんど差はありませんでした。

とりあえず今回はこのあたりで。
次回は、なぜラウシャーらの研究では、モーツァルトの曲を聴いた後でIQテストの成績が良かったのか、
その要因について書いていこうと思います。
このシリーズをしばらく書こうと思うので、呼んで頂けると嬉しいです。


引用
Rauscher et at(1993) Nature. 365:611
Schellenberg and Hallam (2005) Annals New York academy of sciences. 1060:202-209

スポンサーサイト
  1. 2013/07/01(月) 15:57:30|
  2. スタッフの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モーツァルト効果の要因 | ホーム | 6月の焚き火じゃー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://takibilive.blog112.fc2.com/tb.php/221-013f6a70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Takibi Accademy

Author:Takibi Accademy
『焚き火ライブオフィシャルブログ』へようこそ!
このブログは『焚き火アカデミー』が運営するブログです。
ミーティングの内容や楽しい企画をご紹介していきます。お楽しみに!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。